最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー

    温暖化によって年中熱中症の危機が

    熱中症になったときの症状は、軽度なら立ちくらみのほか筋肉痛、大量の発汗などで、この場合は涼しい場所で安静にしていれば症状は回復します。ところが、熱中症のサインに気づかず放置してしまうと症状はどんどん悪化します。

    これら内的要因及び外的要因が合わさった場合に熱中症が起こる確率が高くなります。

    そのため、気温が梅雨の期間は涼しげだったのに梅雨も終わる7月ごろに急激に気温が高くなることにより体が対処できず、熱中症に寄り具合の悪くなる人が一気に多くなるのです。
    特にお年寄りや子どもに関しては、体温調整が上手にできないので、体の中に熱がこもってしまいがちですし、本人に自覚がないという場合もあるため、周りの人が注意しなければなりません。

    また、家の中にいるから熱中症にはならないということは少しもありません。
    屋内においても風呂場などの湿度と気温の高いところや日当たりのよく閉めきった部屋でも起こる恐れがあるため、注意しなければなりません。しからば、熱中症になるのを防止するにはどんなことに気をつけると良いと考えますか。

    一番効果的なのは、こまめに水分を摂取することです。
    喉が渇いたと思わない場合でもこまめに水やお茶を飲みましょう。

    カテゴリー
    お気に入り